企画会議が通過した後、何をするのか。刊行までにどんなことをするのか。概ね

・構成案(目次)の磨き上げ
・サンプル原稿執筆
・本原稿執筆
・原稿調整
・ゲラ出し
・印刷所入稿
・完成

このような流れで進めています。

まずは「構成案(目次)の磨き上げ」です。

「日高さん、無事に企画が通過しました!」

「ありがとうございます! これからどうやって進めていくんでしょうか?」

「まずは目次を磨き上げましょう。セミナーやワークショップのコンテンツの棚卸しをして、今回の本に合った目次を作りましょう。『絵が上手くなる本にしてはいけない』という企画会議の指摘はその通りだと思います。そこに用心しながら進めていきましょう!」

「わかりました!」

待つこと約2週間、目次が届きました。スクショします。
111111111
22222222222222

・具体的でとてもいい。でも、絵心ゼロの人間にはハードルが高くないか?
「人を描け」と言われて、いきなり描けるか? 少なくとも絵心のない人間には無理だ。
・「立つ、座る、走る」動作なんて、実際の仕事でどこまで使う(書く)か? 読者がかなり限定されてしまうのでは?
・「流れの筋」は通っているので、実際の講義でもこう教えているんだろう。しかし、今回の本に合うのか、、、?

私は日高さんに連絡しました。

「申し訳ありません。これはボツにさせてください」

続く